カードローンの利用状況を確認【内容を参考にしておこう】

銀行などで申し込めます

クレジットカード

金利が限度額で異なります

カードローンは銀行などの金融機関で申し込むことができます。消費者金融に抵抗がある人でも銀行や信用金庫であれば安心して申込みができます。カードローンの金利は借入限度額によって異なる場合が多いです。一般的に限度額が大きいほど金利が低くなります。多額の借入が可能な人は信用度が高いので、返済不能になる可能性が低く金利が低く設定できるからです。少額の借入しかできない人は信用度が低く、返済不能になる可能性も高いので金利が高くなる傾向にあります。カードローンは多くの利用者に対して融資をしますので、一定の確率で返済不能が発生します。その返済不能になった融資金を金融機関が賄うのは金利です。金利は金融機関にとって収益であるとともにカードローンにおいては返済不能資金を補う側面もあります。カードローンを申し込む際には金利のことを考慮すると借入限度額を高額にする方がメリットがあります。金利を低くして借入ができるからです。一方で、高額な限度額のカードローンは審査も厳しくなりますので、その点も考慮しなくてはなりません。カードローンを利用する予定の金額が少額であっても金利の面では借入限度額を高額にする方がメリットがありますが、審査が通ってカードローンを手にすると限度額まで利用してしまう可能性があるので、その点は注意したいものです。必要な金額だけカードローンを利用して大きな限度額を確保していることで金利のメリットを得られます。