カードローンの利用状況を確認【内容を参考にしておこう】

資金調達の方法

硬貨

返済計画の重要性

事業を行う際に資金調達に困ることは少なくありません。そのような場合に、通常であれば取引先である銀行などの金融機関から借り入れを行うことになりますが、銀行では必ずしも必要な資金を貸してくれるとは限りません。銀行は返済の可能性の低い資金を貸すようなリスクは犯しませんので、緊急で資金が必要になった場合などの審査は非常に慎重になります。また、銀行よりも審査が早く、急きょ資金が必要になった場合に対応してくれるのが、ノンバンク系の事業者ローンです。比較的に軽微な審査で資金を貸してくれるほか、場合によっては担保や保証人が不要な場合もあります。事業者ローンでは借入限度額が1000万円程度と少なくなりますが、即日融資が可能な場合もあり、上手に活用すれば大変役に立ちます。総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1までという借入限度額もありません。また、気を付けなければならないのが、銀行などよりも金利が高いことです。一般的に事業者ローンでは15%〜18%程度の金利となっており、利息の負担が大きくなります。長期間の借り入れを行う場合には、金利の負担が大きくなりますので、計画的に利用しなければなりません。事業者ローンを利用する場合には、基本的にはすぐに返済するめどが立っている場合に限ることが大切です。返済の当てのない借り入れを事業者ローンで賄ってしまうと、たちまち資金繰りが悪化してしまいますので、十分に注意しなければなりません。