カードローンの利用状況を確認【内容を参考にしておこう】

節税にはローン控除を活用

模型とお金

ローン控除の使い方

住宅ローン控除とは、居住用住宅を取得するために借り入れたローンの残高に応じて、納税者の所得税と住民税を減額する特例を言います。その控除額は特例の適用を受ける年の12月31日時点のローン残高の1%相当額であり、所得税から順番に差し引かれます。住宅ローン控除を適用するには、居住用住宅を新築、取得、増改築してから半年以内に住み始めて適用を受ける年の12月31日まで継続していなければいけません。また、住宅の床面積は50平方メートル以上であり、その半分以上を納税者の居住用として使用している事も要件です。この床面積は登記されている面積を基準とし、家族で共有して所有している場合は住宅全体の床面積で判断する事になります。その他の要件として、住宅ローンの返済期間が10年以上、適用年の合計所得が3,000万円以下、贈与や生活を共にする親族など特別な関係者からの取得ではない事などが挙げられます。そして住宅ローン控除は、確定申告または年末調整の手続きで適用します。確定申告では年末のローン残高証明書、登記簿謄本や売買契約書などを準備し、確定申告書と住宅ローン控除額の計算明細書を作成して提出します。サラリーマンの場合は源泉徴収票、自営業者の場合は青色申告決算書や収支内訳書なども必要となります。年末調整は適用2年目以降のサラリーマンが手続きをする事ができ、税務署から送付される住宅ローン控除証明書や住宅ローン控除申告書、年末のローン残高証明書を勤務先に提出するだけです。なお、年末調整で適用しない場合でも確定申告で適用する事ができます。