カードローンの利用状況を確認【内容を参考にしておこう】

大口で低金利

模型とお金

おまとめにも利用可

複数のキャッシング会社から借入れをしており、毎月利息を返済するだけでも厳しいので何とかこの状況を打開したい、そういった時にはおまとめローンがあります。複数の借り入れをひとつにまとめることで、返済管理も楽になり、これまでより利息の負担も軽減されます。ただし、おまとめを利用する際に注意しなければならないのは、金利が下がって毎月の利息が減ったとしても返済期間が長くなればトータルで支払う金額は変わらなかったり、金利が下がるといっても1%〜2%程度しか下がらないとあまり効果もないのです。そこで、不動産担保ローンです。消費者金融のキャッシングは、担保と保証人不要で信用のみでお金を貸してくれますが、不動産担保なので土地や建物を担保に借り入れをすることができるローンです。無担保で借りることができるローンと不動産担保ローンとの大きな違いは、限度額と金利です。無担保ローンだと総量規制があるため限度額は年収の3分の1以下に制限されますが、不動産担保ローンは総量規制の例外規定に該当するため3分の1以上の借り入れをすることもできるのです。そして、圧倒的に金利は低いです。消費者金融だと18.0%で借り入れしなければなりませんが、金利も一桁台の商品もあり、毎月の利息の負担も大幅に軽減させることができます。大口の借り入れが利用できるので、おまとめする目的で利用ができます。毎月の返済金額を安く抑え長期的に返済が可能です。