カードローンの利用状況を確認【内容を参考にしておこう】

住宅ローンと税金の控除

模型とお金

制度の概要と必要書類

住宅ローンを組んでマイホームを購入すると、以後10年間は住宅ローン控除が受けられます。正確には「住宅借入金等特別控除」といって、基本的には、住宅ローンの年末残高の1%分の金額が、所得税や住民税から減額されるという制度です。ただし、控除できる最高額は40万円である事に注意しましょう。また、控除を受けるためには、床面積や収入などの条件があるのですが、細かい話になるのでここでは割愛します。一般的な会社員が、金融機関でローンを組んで、自分が住むために家を購入した場合、問題なく控除の対象になります。つまり大抵の場合は大丈夫って事です。そしてこの住宅ローン控除ですが、受けるためには確定申告が必要です。確定申告なんてやった事ないという人も多いかと思います。私も自宅を購入するまでやった事ありませんでした。が、必要な書類さえ揃っていれば、決められた数字を記入するだけなので意外と簡単です。そして初年度だけ確定申告してしまえば、2年目以降は自宅に送られてくる書類にちょっと記入して年末調整の書類と一緒に出すだけなので凄く簡単です。さて、住宅ローン控除に必要な書類ですが、確定申告書や住宅借入金等特別控除の計算明細書、さらに住民票や住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書が挙げられます。土地や家屋の登記簿謄本、売買契約書または工事請負契約書のコピーもあります。給与収入があれば源泉徴収票などもありますが、確定申告書や住宅借入金等特別控除の計算明細書は国税庁のホームページから入手可能です。住民票は役所から入手、住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書は何もしなくても自宅に郵送されます。土地や家屋の登記簿謄本はマイホームの購入時に貰えるものです。確定申告書や住宅借入金等特別控除の計算明細書も会社から普通に貰えるものです。住宅ローン控除に必要なものを揃えておきましょう。あとは国税庁のホームページに記載例もあるので、その通りに記載して郵送すれば終わりです。確定申告しなければ受けられないものですし、金額も大きいので、住宅購入の際は必ず確定申告をしましょう。