カードローンの利用状況を確認【内容を参考にしておこう】

模型とお金

節税にはローン控除を活用

住宅ローン控除は住宅ローンの残高に応じて納税者の税金を減額できる制度であり、これによりローン残高の1%相当額が所得税と住民税から順に差し引かれます。この制度は確定申告か年末調整で適用する事ができ、住宅ローン控除の計算明細書やローン残高証明書などが必要となります。

模型とお金

大口で低金利

不動産担保は、土地や建物を担保して借り入れができるローンであり消費者金融のキャッシングローンとの大きな違いは大口の限度額で借入ができ、金利も圧倒的に低いことです。複数借り入れがある方は低金利の不動産担保ローンでおまとめとして利用もできます。

硬貨

資金調達の方法

事業運営において資金調達が必要になった場合、金融機関だと時間がかかったり、借入の審査が通らなかったりするため、事業者ローンの活用を検討することも大切です。事業者ローンは比較的に容易に借り入れることができますが、金利が高いので、確実に返済できる場合にのみ利用すべきです。

クレジットカード

銀行などで申し込めます

銀行などの金融機関のカードローンでは、借入限度額が大きいほど金利が低くなるのが一般的です。低金利でカードローンを利用するのであれば、審査は厳しくなりますが、大きな借入限度額で申し込む方がメリットがあります。

模型とお金

住宅ローンと税金の控除

住宅ローンを組んでマイホームを購入すると、住宅ローン控除を受ける事ができ、住民税、所得税が減額されます。控除を受けるためには初年度のみ確定申告が必要です。受けられる控除の金額が大きいので、面倒でも必ず確定申告をするようにしましょう。

お金の借り入れ

クレジットカード

計画的に利用しよう

社会人ともなると、急な付き合いや思わぬ出費などで急に現金が必要となる機会も少なくないといえます。手持ちの現金がない状況で急にお金が必要になった際に頼りになるのが銀行カードローンや消費者金融のキャッシングです。銀行カードローンや消費者金融のキャッシングでは、迅速な審査で基本的に無担保かつ保証人も不要で融資を受けることが出来るというメリットがあります。親しい友人や親族であっても、なかなか借金の保証人をお願いするというのは気がひけるものですので、保証人不要で利用することが出来るという点は借り手にとって大きなメリットであると言えます。以前は個人が無担保で融資を受けようと思うと比較的金利の高い消費者金融などを利用せざるをえませんでしたが、現在は銀行も個人向けの小口融資に力を入れるようになってきており、個人が気軽にカードローンを利用することが出来る環境が整ってきています。カードローンの申し込みにあたっては、直接銀行の店舗などに出向いたりせずとも、パソコンやスマホを利用すれば、自宅や外出先などからでも申し込みをすることが出来るようになっています。非常に便利なカードローンですが、便利であるがゆえに計画的に利用しないといつの間にか借金額が膨らんでしまうケースもあるといわれています。借入額が膨らめば膨らむほど金利負担も重くのしかかり、利息の返済だけで精いっぱいでなかなか元本が減らない状況となってしまいます。そうならないためには、事前にしっかりと返済計画を立てて計画的に利用することが重要となります。